2008年04月28日

春を告げる由布岳のさくら草

IMG_3107m.JPGIMG_3096m.JPG 湯布院方向へ由布岳の横を走っていたら、右側の草原がピンクの色に染められているのに気がつきました。すぐに、由布岳登山口の路肩に車を止め、ピンクの色を目指しました。途中に、キスミレ草や可愛いちっちゃなエヒミアヤメがあったりと目を楽しませてくれました。ピンクの周囲は、ロープで囲まれ、環境庁の立入禁止の札が下がっていました。近づいてみると、何と背丈の低いさくら草でした。群生しています。環境庁の関係でしょうか、一人監視員も配置されています。しばらく、野焼を終え、春を迎えた草原で、野に咲く花を観賞しました。
IMG_3128m.JPGIMG_3092m.JPG











posted by kawasaki at 09:49| 大分 | TrackBack(0) | 湯布院 由布岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

冬の由布岳 2008.2.27

IMG_0832mm.JPG IMG_0818mm.JPG 
 IMG_0828mm.JPG IMG_0829mm.JPG
 IMG_0844mm.JPG IMG_0839mm.JPG

 冬の由布岳です。
 青空に浮かぶ雪の由布岳を狙いましたが、
 次から次に雲が流れてきます。
 
 冬の由布岳、雪景色 動画   MVI_0836.AVI     
 
   
 
posted by kawasaki at 23:21| 大分 | TrackBack(0) | 湯布院 由布岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

由布院の早咲コスモス   2007.8.30

IMG_8728mm.JPG IMG_8729mm.JPG 
 IMG_8730mm.JPG IMG_8731mm.JPG
 IMG_8733mm.JPG IMG_8734mm.JPG
 IMG_8737mm.JPG IMG_8738mm.JPG


 早咲コスモス・・・・http://www1.nisiq.net/~kossy/g-hana13.htm

 最近は、異常気象に誘われるように季節を選ばずに割きます。

 
IMG_8732mm.JPG  IMG_8744mm.JPG
 IMG_8735mm.JPG IMG_8748mm.JPG
 IMG_8746mm.JPG IMG_8736mm.JPG
posted by kawasaki at 23:05| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 湯布院 由布岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

烏瓜 綿毛のような花    2007.8.30

IMG_8698mm.JPG IMG_8699mm.JPG 
 IMG_8702mm.JPG IMG_8700mm.JPG
 IMG_8701mm.JPG IMG_8703mm.JPG
 IMG_8712mm.JPG IMG_8704mm.JPG
ラベル:烏瓜 カラスウリ
posted by kawasaki at 22:35| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 湯布院 由布岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

由布岳の麓、数少ない夏の花  2007.8.30

IMG_8648mm.JPG IMG_8649mm.JPG 
 IMG_8650mm.JPG IMG_8652mm.JPG
 IMG_8651mm.JPG IMG_8655mm.JPG
 IMG_8667mm.JPG IMG_8676mm.JPG
 IMG_8663mm.JPG IMG_8665mm.JPG
ラベル:由布岳 夏の花
posted by kawasaki at 22:20| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 湯布院 由布岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

少し秋の気配の由布岳周辺   2007.8.30

 雲が流れてしまうのを待って、山頂が一瞬、
姿を現しました。
 西峰標高 1584m
 IMG_8646mm.JPG IMG_8674mm.JPG
 IMG_8677mm.JPG IMG_8681mm.JPG
 IMG_8678mm.JPG IMG_8682mm.JPG
 IMG_8685mm.JPG IMG_8683mm.JPG
 IMG_8684mm.JPG IMG_8688mm.JPG
posted by kawasaki at 02:00| 大分 🌁 | TrackBack(0) | 湯布院 由布岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。