2008年08月07日

祇園の薮入りは山鹿へ 2008.7.28

  今年の祇園薮入りは、熊本県山鹿市山鹿温泉へ。
  透明のアルカリ泉質で肌がスベスベ。
  29日に日田市土地開発公社の理事会が入ったので、
  仲間とは別行動で、一人で乗用車で追いかけました。

  画像は、山鹿市の不動岩と、鞠智城です。

IMG_1488mk.JPG IMG_1489mk.JPG 
 IMG_1499mk.JPG IMG_1505mk.JPG
 IMG_1500mk.JPG IMG_1503mk.JPG
智城

ラベル:薮入り
posted by kawasaki at 12:41| 大分 | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

クライマックスは札の辻 2008.7.27

 IMG_1431mk.JPG IMG_1406mk.JPG
IMG_1480mk.JPG IMG_1461mk.JPG 

 日田祇園のクライマックスは、やっぱり隈地区の札の辻

 三叉路に、4台の祇園山鉾が、

 角突き合せます。

 男の熱気が燃え上がります。

 オイサ、オイサの掛け声、

 ウォーと言う雄たけび。

 見ている観衆からも一斉に掛け声が。

 オイサ、オイサの掛け声が。



 4台の祇園山鉾の殿(しんがり)は、大和町の山

 棒鼻は、私の属する大和町2丁目、

 いやが上にも気分が高ぶってきます。

 私も提灯片手に札の辻へ突っ込みます。









posted by kawasaki at 22:41| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

日田祇園山鉾集団顔見世、晩山点灯 2008.7.24

 後藤稔夫総代の合図で、9基の全山鉾の提灯に、
 明かりが燈り、今日一番の見せ場です。
 一斉にカメラマンのシャッターが切られます。
 でも、ケヤキの木立が邪魔で、 
 ベストアングルを見つけるのが大変。
 場所の設定に、皆さんご立腹!

 例年通りの場所でやれば、
 全国に発信できる映像、画像がゲットできたのに。
 本当に残念。
 集まった市民の中には、
 見えないので帰った人もいました。
 (後で確認しました)


 日田祇園の囃子方が平成山鉾の前で、
 日田祇園囃子を2曲演奏。



 日田祇園まつりの本番は、
 今月の26日27日の土日、二日間です。

 特に27日の夜、晩山が日田祇園のクライマックスです。

posted by kawasaki at 01:17| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

日田祇園のクライマックス、札の辻の晩山NO2

 今年も見せます。隈地区札の辻の晩山。

 この時とばかりに、声を張り上げ「オイサ。オイサ。」

 指笛もなり、各山鉾を持ち上げ気勢を上げます。

 「ウォー。ウォー。」 「オイサ」 「オイサ」 「オイサ」

 飛び跳ね、肩車に乗り両手を突き上げ、

 棒鼻を持ち上げ、その周りを当番町の仲間が囲み、

 「ウォー。ウォー。」 「オイサ」 「オイサ」 「オイサ」


 IMG_6062mm.JPG IMG_6064mm.JPG
 IMG_6065mm.JPG IMG_6066mm.JPG
 IMG_6067mm.JPG IMG_6068mm.JPG
 IMG_6075mm.JPG IMG_6079mm.JPG
 IMG_6087mm.JPG IMG_6086mm.JPG

 札の辻は、熱気でムンムン。
 レオ君も、生まれて始めて見る山鉾に見惚れています。


 IMG_6053mm.JPG IMG_6072mm.JPG
 IMG_6055mm.JPG IMG_6071mm.JPG


 IMG_6090mm.JPG IMG_6092mm.JPG
 IMG_6095mm.JPG IMG_6096mm.JPG
 IMG_6099mm.JPG IMG_6100mm.JPG

 
posted by kawasaki at 01:54| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日田祇園のクライマックス、札の辻の晩山

 IMG_6023mm.JPG IMG_6030mm.JPG
 IMG_6033mm.JPG IMG_6036mm.JPG
 IMG_6048mmm.JPG IMG_6049mm.JPG
 IMG_6050mm.JPG IMG_6051mm.JPG
 IMG_6058mm.JPG IMG_6061mm.JPG



posted by kawasaki at 00:16| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

いよいよ日田祇園も最終日に 2007.7.22

 22日12:00から開催された日田祇園祭振興会主催の知名士会に、日田市議会経済環境委員長として、初めて来賓で出席しました。井上県議、桜木県議、穴井県振興局長、市職員、駅前商店街、元町自治会長さんらと一緒でした。廣瀬県知事は、他の公務で欠席でしたが、来年は是非出席したいとのことでした。
IMG_5982mm.JPG IMG_5983mm.JPG 
 IMG_5985mm.JPG IMG_5986mm.JPG
 IMG_5988mm.JPG IMG_5989mm.JPG

 知名士会が終了する頃、神主・八坂神社からお神輿を先頭に祇園山鉾や子供みこしが次々と、若宮神社に集合してきます。

 大和町の山鉾の棒鼻は、今度は2丁目の番です。
 私も、若宮町から川原町まで、棒鼻の向かって左の一番につきました。
 3月に痛めた、右ひざの軟骨部分が気になりましたが、坂のある黒岩橋前の交差点を無事に乗り切ることが出来ました。
IMG_5990mm.JPG  IMG_5993mm.JPG
 IMG_5997mm.JPG IMG_5999mm.JPG
 IMG_6002mm.JPG IMG_6003mm.JPG
 IMG_6005mm.JPG IMG_6006mm.JPG
 IMG_6009mm.JPG IMG_6014mm.JPG
 一番下の左は、山鉾が看板にぶつかる瞬間です。
 押さえの指示と棒鼻の呼吸が合わないと、こうゆうことになります。
posted by kawasaki at 22:59| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

日田祇園まつり、最終日を迎える。 2007.7.22

IMG_6102mm.JPG IMG_6106mm.JPG 
IMG_6110mm.JPG IMG_6108mm.JPG 
 IMG_6111mm.JPG IMG_6112mm.JPG

 棒鼻の上に座って撮影しました。
 普段は、絶対に撮れないアングルです。


 棒鼻の上に乗り、日田祇園会館に到着。
 祇園会館の赤い提灯の前で、三隈町の山鉾の到着を待ちます。
 右下の山鉾は、会館の中に飾っている山で、外には出しません。

IMG_6119mm.JPG IMG_6122mm.JPG 
IMG_6128mm.JPG  IMG_6133mm.JPG

 大和町と三隈町の山鉾が、最後に町の境界上で競い合います。

 皆も最後とばかりに、女性も一緒になって声を張り上げます。

 「オイサ。オイサ。」

 IMG_6130mm.JPG IMG_6131mm.JPG

 担ぎ手、推し手、引き手・・・・・。観衆も盛り上がり、囃子方は雰囲気を察し、囃子のテンポを早くします。


  豆田町の晩山の様子は、日田インターネット協議会の武内さんのHPで拝見できます。

 こちらから、どうぞ・・・・・http://www.hita.ne.jp/~ytakeuti/
ラベル:祇園 まつり
posted by kawasaki at 09:46| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

国無形文化財、日田祇園まつり集団顔見世

IMG_5710mm.JPG 2007年7月19日、写真で見る集団顔見世。
 小学生、幼稚園児、保育園児も綱について参加しました。
 山鉾の棒の両端には、自町の自治会長と区長が乗り、一方が山鉾のブレーキの紐を握っています。
  緊急時に停止するときは、この綱を離すと車輪の前に木材が降りて、ブレーキの役を果たします。




IMG_5711mm.JPG  
  平成を記念して製作された、祇園山鉾「平成山鉾」です。
  高さは、10メートル。
  この頃から、各町内の山鉾の高さが上がっていきました。

  一番高いときは、20メートルほどあり、民家の屋根を見下ろしていましたが、
 電線が張られるようになり、高さが低くなりました。





IMG_5712mm.JPG
  国道386号線を横切り、隈地区の山鉾が、駅前商店街のケヤキ並木に入ってきま
 す。先頭は、平成山鉾で、隈町2丁目が担当しています。


  隈2丁目(上横町)は、帰路に自町の山鉾につき自町のテントに収めます。






IMG_5715mm.JPG 
  中城町の山鉾が、サーブの前を通過します。
  このサーブのビルも近いうちに取り壊されます。
  来年は、この景観も変わります。

  ビジネスホテルが進出するようです。




IMG_5717mm.JPG  豆田下町の山鉾です。
  みゆき通りの商店街、おひな祭りで有名になった、草野本家があります。
  みゆきは、漢字で「御幸」と書きます。御幸橋の先には、代官所跡があります。

  私の小学校の頃の通学路です。




IMG_5724mm.JPG  平成山鉾の綱につき、JR日田駅前に到着した
 日の隈小学校のメンバー。

  お疲れさんでした。





IMG_5719mm.JPG  中城町の山鉾です。
  豆田地区の山鉾は、JR久大線を跨ぐ難所、陸橋を渡ってきます。

  上って、下ってクレーン車の力を借りて駅前に集合です。





IMG_5723mm.JPG  
   予定された定位置に、次々と山鉾が入り綺麗に一列に並びます。

  カメラを抱えた観衆が、ベストアングルを求めて右往左往します。


  豆田地区の様子は、日田インターネット協議会の仲間、
  武内さんのHPで、https://post.coara.or.jp/cgi-bin/pop3
posted by kawasaki at 08:27| 大分 | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

日田祇園祭り隈地区神輿洗い 2007.7.14/15

 7月14日の深夜0時前に神事が始まります。
 その前に、各町内ごとに祝宴を開き、出お神酒を飲み、一同揃って八坂神社に向かいます。
 
IMG_5429mm.JPG  IMG_5430mm.JPG
 IMG_5431mm.JPG IMG_5433mm.JPG
 IMG_5436mm.JPG IMG_5437mm.JPG
 IMG_5435mm.JPG IMG_5434mm.JPG
 IMG_5440mm.JPG IMG_5441mm.JPG

 氏子一同、大原神社の橋本宮司のお祓いを受け神事を終了し、お神輿を境内に下ろします。

 この頃は、既に15日になっています。
 
 その後、三隈川の水でお神輿を清めた後、祇園会館と八坂神社境内を練り歩き気勢を上げました。

 神輿洗い終了後は、再び自分の町内に戻り、祇園祭りの成功を祈念して祝宴です。

 台風4号のせいで、体力を持て余した人、ホッとした人など様々でした。

 動画でも楽しめるようにしました。http://k-kawasaki.seesaa.net/article/47922903.html

 IMG_5447mm.JPG IMG_5448mm.JPG
 IMG_5449mm.JPG IMG_5450mm.JPG
 IMG_5451mm.JPG IMG_5452mm.JPG
 IMG_5453mm.JPG IMG_5457m.JPG
 IMG_5458mm.JPG IMG_5459mm.JPG
 IMG_5463mm.JPG IMG_5465mm.JPG
posted by kawasaki at 20:20| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。