2008年10月06日

キナ臭い臭いが 2008.10.06

 以前から取り沙汰されていました、イスラエルからイラン核施設への攻撃に対する警告をフランスが発しました。これに関連して、イスラエルがイランの各施設を破壊する際に、バンカーバスター弾を必要とするため、この兵器の供与を米国に求めたとの情報もあります。米国は断ったと報道していますが、本当のところは分かりません。
 今世界は、サブプライム住宅ローンに起因した金融危機で大変なのに、イスラエルがもし動けば大変な事態です。グルジア問題も、こうした事態に関連してきます。

・・・・・・・・AFPからの引用・・・・・・

2008_09_28_ 117MK.JPG仏外相、イスラエルによるイラン核施設攻撃を警告

  • 2008年10月06日 08:47 発信地:エルサレム/イスラエル
  • 写真
  • ブログ
  • イラン核問題
関連情報イラン核問題

 

【10月6日 AFP】イスラエル訪問中のベルナール・クシュネル(Bernard Kouchner)仏外相は、イスラエルはイランが核兵器を開発する前に同国を攻撃する可能性があると警告した。5日のイスラエル日刊紙ハーレツ(Haaretz)に掲載されたインタビューで語った。

 クシュネル外相は英語で行ったインタビューで「核兵器を持つことがイランに対する攻撃を避けることになるとは決して思わない」とした上で、「まず、あなた方(イスラエル)は先制攻撃を行うつもりだ。これは危険なことだ。イスラエルは常に、(イランが)核爆弾を開発するまで待つことはないとの姿勢を示している。これは周知のことだし、イランもわかっていると思う」と語った。

 また、クシュネル外相はハーレツ紙に対し、イスラエルや多くの欧米諸国はイランのウラン濃縮活動を核兵器開発を目的としたものとして認識しているとし、外交的な圧力と制裁によってイランが同活動を中止することを望んでいると語った。

 クシュネル外相は、ハーレツ紙上ではイスラエルはイランを「破壊する」と表現しているが、外相側から出された声明では「攻撃する」という単語を使ったとしており、外相は発音上の混乱を遺憾に思っていると強調している。(c)AFP

2007年07月07日

イスラエル国名誉領事就任祝賀会 2007.7.6

 6日、日田市のマリエールオークパインに於いて、三苫善八郎氏のイスラエル国名誉領事就任祝賀会が盛大に開催されました。
 
 祝賀会には、駐日イスラエル大使のエリ・エリアフ・コーヘン氏を始め、駐日イスラエル大使館書記官のイスラエル・ストロログ氏、中華人民共和国在福岡領事の朴明哲氏、在福岡大韓民国領事の李民秀氏、衆議院議員・外務副大臣の岩屋毅氏、元農林水産大臣・通産大臣の畑英次郎氏ら各界からの出席者がありました。

 先ずは、前津江地区浦和太鼓の演奏のなか、駐日イスラエル大使のエリ・エリアフ・コーヘン氏がSPに守られて登場し、和太鼓演奏を聞いた後、前大分県議会議長日野立明氏の開会の言葉で、祝賀会の開始です。
 
IMG_5080mm.JPG IMG_5081mm.JPG 
 IMG_5086mm.JPG IMG_5089mm.JPG
IMG_5092mm.JPG  IMG_5093mm.JPG
IMG_5096mm.JPG  IMG_5098mm.JPG
 IMG_5099mm.JPG IMG_5105mm.JPG
 IMG_5106mm.JPG IMG_5110mmm.JPG
 IMG_5111mm.JPG IMG_5112mmm.JPG

 最初に、両国国家の吹奏でしたが、初めてイスラエル国家を聞きましたが、きれいな感じの国歌でした。
 次に、発起人を代表して福岡県中小企業経営者協会会長の小早川明徳氏が挨拶し、駐日イスラエル大使のエリ・エリアフ・コーヘン氏の登場です。シオンの丘を目指して、1948年をイスラエル建国し、来年で建国60周年を迎えること、大山町とメギド地区との友好関係や武道のことなどを話しました。

 続いて、外務副大臣の岩屋毅氏が登場し、日露戦争の戦費調達でのヤコブ・シェフとの関係や日本のシンドラー・杉原畝のこと、1922年に来日したアインシュタインの言葉、麻生外務大臣の中東戦略などに触れました。

 挨拶の最後は、イスラエル国名誉領事三苫善八郎氏の話で、県庁所在地でない大山町(九州のへそ)に領事を置くことになった外務省とのやり取り、イスラエル・メギド地区のキブツとの係わりなどを紹介しました。

 その後、コーヘン大使と三苫名誉領事に花束贈呈、コーヘン大使に日本での記念品として九州場所で優勝した力士の博多人形を10体制作しますが、そのうちの一つ「貴乃花」の博多人形を贈呈し、光翠扇流・財津光英舞師範による詩舞「黒田武士」、藤間流・藤間賢緑師範による祝儀舞「松の三番曳」を披露しました。

 樽開きは、二つのクンチョウ酒造の樽を二グループに分かれて鏡開き、勢いあまってお酒が外に飛び散る場面もあり、皆を沸かせました。乾杯は、ワールドカップ・カメルーンで名前を売った、旧中津江村長の坂本休氏が音頭を取り祝宴へ・・・・・・。

 IMG_5113mm.JPGIMG_5114mm.JPG 

 
 途中で、・・・・・・・・・・・・。

 岩屋毅外務副大臣、横尾さん、高嶋さんと一緒に。

IMG_5129mm.JPG IMG_5090mm.JPG 

 エリ・コーヘン大使閣下の、向って左側に立っているのは、ロバート・ワトソンさんです。
 最近、ひびきの郷の従業員になったとのことですが、通訳で大使に同行しましたが、必要なかったようです。
 ロバート・ワトソンさんは、日田市連合育友会会長(小中PTA)の役職に、外国人としては初めて就任しており、以前からの顔見知りです。

 

エリ・コーヘン氏、松涛館空手を披露

IMG_5115mm.JPG IMG_5116mm.JPG 
 IMG_5117mm.JPG IMG_5118mm.JPG
 祝宴の途中で、三村忠司極真会大分支部長(師範5段)ら指導員による、空手の演舞の披露があり、日本の武士道に理解あるエリ・コーヘン大使を歓待しました。
 これに応える形で、エリ・コーヘン大使が松涛館空手の「つばめ」の型を披露し、会場から「凄い」との声が上がり、さすが最高位5段は、伊達ではない証明をいたしました。

 IMG_5122mm.JPG IMG_5123mm.JPG
 IMG_5124mm.JPG IMG_5125mm.JPG
 IMG_5126mm.JPG IMG_5127mm.JPG

 大使の見事な演技でした。この後、大使一行は豆田の町を散策し、宿泊場所の大山町の「ひびきの郷」へ向いました。

 祝賀会の最後は、久留米大学経済学部教授の大矢野栄次氏の、型破りな「マスコミ報道は信用できない。」と「大山町の年間所得」についての報道や、「一村一品の成果」についても言及した「閉会の挨拶」に、会場から盛んな拍手を浴び、祝賀会の幕を閉じました。


 沖縄古武道・・・・http://www.okinawa-karate.jp/japanese/n_library.html?check_title=19#hanasi


 早稲田大学空手部・・・・http://www.waseda-karatebu.org/ob/column900.html
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。