2007年07月28日

朝の散歩で見かけた花、はな、華

 
 久し振りで日の出を見て、朝の散歩です。
 暑さに負けずに、花も色とりどりに咲いています。
 
 顔なじみに「おはようございます。」の挨拶をしながら。
 今日も暑くなりそうです。

 IMG_6277mm.JPG IMG_6286mm.JPG
IMG_6268mm.JPG  IMG_6280mm.JPG
 IMG_6289mm.JPG IMG_6294mm.JPG
 IMG_6295mm.JPG IMG_6298mm.JPG
 IMG_6299mm.JPG IMG_6307mm.JPG


IMG_6304mm.JPG IMG_6317mm.JPG 
 IMG_6319mm.JPG IMG_6322mm.JPG


ラベル: はな
posted by kawasaki at 10:17| 大分 | TrackBack(0) | 花々 花々 木々 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三隈川が清流に、でも僅かの間だけ・・・


魚が泳いでいる姿が見えます。
水の透明感が増すと、川の楽しみが増えます。

ラベル:清流 三隈川
posted by kawasaki at 09:40| 大分 | TrackBack(0) | 三隈川情報 河川汚染     2007. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

まあぃ、里帰り 

IMG_6124mm.JPG
 久振りで、まあぃにバッタリ。
 元気な様子で一安心です。

 姉妹に挟まれ、パチリ。
 私の息子兄弟と二人とも同級生です。
posted by kawasaki at 02:57| 大分 ☀ | TrackBack(0) | まあい まぁ〜い タレント志望 大島真由美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日田祇園のクライマックス、札の辻の晩山NO2

 今年も見せます。隈地区札の辻の晩山。

 この時とばかりに、声を張り上げ「オイサ。オイサ。」

 指笛もなり、各山鉾を持ち上げ気勢を上げます。

 「ウォー。ウォー。」 「オイサ」 「オイサ」 「オイサ」

 飛び跳ね、肩車に乗り両手を突き上げ、

 棒鼻を持ち上げ、その周りを当番町の仲間が囲み、

 「ウォー。ウォー。」 「オイサ」 「オイサ」 「オイサ」


 IMG_6062mm.JPG IMG_6064mm.JPG
 IMG_6065mm.JPG IMG_6066mm.JPG
 IMG_6067mm.JPG IMG_6068mm.JPG
 IMG_6075mm.JPG IMG_6079mm.JPG
 IMG_6087mm.JPG IMG_6086mm.JPG

 札の辻は、熱気でムンムン。
 レオ君も、生まれて始めて見る山鉾に見惚れています。


 IMG_6053mm.JPG IMG_6072mm.JPG
 IMG_6055mm.JPG IMG_6071mm.JPG


 IMG_6090mm.JPG IMG_6092mm.JPG
 IMG_6095mm.JPG IMG_6096mm.JPG
 IMG_6099mm.JPG IMG_6100mm.JPG

 
posted by kawasaki at 01:54| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日田祇園のクライマックス、札の辻の晩山

 IMG_6023mm.JPG IMG_6030mm.JPG
 IMG_6033mm.JPG IMG_6036mm.JPG
 IMG_6048mmm.JPG IMG_6049mm.JPG
 IMG_6050mm.JPG IMG_6051mm.JPG
 IMG_6058mm.JPG IMG_6061mm.JPG



posted by kawasaki at 00:16| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

いよいよ日田祇園も最終日に 2007.7.22

 22日12:00から開催された日田祇園祭振興会主催の知名士会に、日田市議会経済環境委員長として、初めて来賓で出席しました。井上県議、桜木県議、穴井県振興局長、市職員、駅前商店街、元町自治会長さんらと一緒でした。廣瀬県知事は、他の公務で欠席でしたが、来年は是非出席したいとのことでした。
IMG_5982mm.JPG IMG_5983mm.JPG 
 IMG_5985mm.JPG IMG_5986mm.JPG
 IMG_5988mm.JPG IMG_5989mm.JPG

 知名士会が終了する頃、神主・八坂神社からお神輿を先頭に祇園山鉾や子供みこしが次々と、若宮神社に集合してきます。

 大和町の山鉾の棒鼻は、今度は2丁目の番です。
 私も、若宮町から川原町まで、棒鼻の向かって左の一番につきました。
 3月に痛めた、右ひざの軟骨部分が気になりましたが、坂のある黒岩橋前の交差点を無事に乗り切ることが出来ました。
IMG_5990mm.JPG  IMG_5993mm.JPG
 IMG_5997mm.JPG IMG_5999mm.JPG
 IMG_6002mm.JPG IMG_6003mm.JPG
 IMG_6005mm.JPG IMG_6006mm.JPG
 IMG_6009mm.JPG IMG_6014mm.JPG
 一番下の左は、山鉾が看板にぶつかる瞬間です。
 押さえの指示と棒鼻の呼吸が合わないと、こうゆうことになります。
posted by kawasaki at 22:59| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

日田祇園まつり、最終日を迎える。 2007.7.22

IMG_6102mm.JPG IMG_6106mm.JPG 
IMG_6110mm.JPG IMG_6108mm.JPG 
 IMG_6111mm.JPG IMG_6112mm.JPG

 棒鼻の上に座って撮影しました。
 普段は、絶対に撮れないアングルです。


 棒鼻の上に乗り、日田祇園会館に到着。
 祇園会館の赤い提灯の前で、三隈町の山鉾の到着を待ちます。
 右下の山鉾は、会館の中に飾っている山で、外には出しません。

IMG_6119mm.JPG IMG_6122mm.JPG 
IMG_6128mm.JPG  IMG_6133mm.JPG

 大和町と三隈町の山鉾が、最後に町の境界上で競い合います。

 皆も最後とばかりに、女性も一緒になって声を張り上げます。

 「オイサ。オイサ。」

 IMG_6130mm.JPG IMG_6131mm.JPG

 担ぎ手、推し手、引き手・・・・・。観衆も盛り上がり、囃子方は雰囲気を察し、囃子のテンポを早くします。


  豆田町の晩山の様子は、日田インターネット協議会の武内さんのHPで拝見できます。

 こちらから、どうぞ・・・・・http://www.hita.ne.jp/~ytakeuti/
ラベル:祇園 まつり
posted by kawasaki at 09:46| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

国無形文化財、日田祇園まつり集団顔見世

IMG_5710mm.JPG 2007年7月19日、写真で見る集団顔見世。
 小学生、幼稚園児、保育園児も綱について参加しました。
 山鉾の棒の両端には、自町の自治会長と区長が乗り、一方が山鉾のブレーキの紐を握っています。
  緊急時に停止するときは、この綱を離すと車輪の前に木材が降りて、ブレーキの役を果たします。




IMG_5711mm.JPG  
  平成を記念して製作された、祇園山鉾「平成山鉾」です。
  高さは、10メートル。
  この頃から、各町内の山鉾の高さが上がっていきました。

  一番高いときは、20メートルほどあり、民家の屋根を見下ろしていましたが、
 電線が張られるようになり、高さが低くなりました。





IMG_5712mm.JPG
  国道386号線を横切り、隈地区の山鉾が、駅前商店街のケヤキ並木に入ってきま
 す。先頭は、平成山鉾で、隈町2丁目が担当しています。


  隈2丁目(上横町)は、帰路に自町の山鉾につき自町のテントに収めます。






IMG_5715mm.JPG 
  中城町の山鉾が、サーブの前を通過します。
  このサーブのビルも近いうちに取り壊されます。
  来年は、この景観も変わります。

  ビジネスホテルが進出するようです。




IMG_5717mm.JPG  豆田下町の山鉾です。
  みゆき通りの商店街、おひな祭りで有名になった、草野本家があります。
  みゆきは、漢字で「御幸」と書きます。御幸橋の先には、代官所跡があります。

  私の小学校の頃の通学路です。




IMG_5724mm.JPG  平成山鉾の綱につき、JR日田駅前に到着した
 日の隈小学校のメンバー。

  お疲れさんでした。





IMG_5719mm.JPG  中城町の山鉾です。
  豆田地区の山鉾は、JR久大線を跨ぐ難所、陸橋を渡ってきます。

  上って、下ってクレーン車の力を借りて駅前に集合です。





IMG_5723mm.JPG  
   予定された定位置に、次々と山鉾が入り綺麗に一列に並びます。

  カメラを抱えた観衆が、ベストアングルを求めて右往左往します。


  豆田地区の様子は、日田インターネット協議会の仲間、
  武内さんのHPで、https://post.coara.or.jp/cgi-bin/pop3
posted by kawasaki at 08:27| 大分 | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

三隈川、清流を取り戻す 2007.7.18

 雨で水量が増加し、いつもはアワの塊が出来るところに、水飛沫だけです。

 固定堰には、みどりの川苔が付いているのが見えます。

 久し振りで見る光景です。

 水量の増加も川をきれいにします。

 いつもこのようであれば、汚染情報を流さずに、清流情報を発信できるのに・・・・・・・・・。
posted by kawasaki at 03:55| 大分 🌁 | TrackBack(0) | 三隈川情報 河川汚染     2007. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県中越沖地震で、原発の安全神話に影

IMG_5675mm.JPG 気になる記事がメールで届きました。
 地震兵器、津波兵器、気象兵器など・・・・・

 新潟県中越沖地震で、原子力発電所の安全性に赤信号が点滅しだしました。
 活断層の上に、柏崎刈羽原子力発電所がある。
 怖いことです。安部総理が真っ先に飛んでいったのが分かります。

 その安部総理、18日は夜19時から、日田市民会館に現れました。
 大分選挙区、一人区の行方が注目されています。

 自分から進んで日田に来たとのことですが、気になるのでしょう。
 選挙の行方が・・・・・・・。八面六臂の活躍で、低落傾向を挽回できるのでしょうか。

 地震・雷・火事・親父・・・・・・・・・・。

IMG_5679mm.JPG 新潮45 8月号 浜田和幸
・ ・・・・・・・・・・・(前略)
  本土決戦を唱える日本に対し「戦意を喪失させるには地震・津波攻撃」が有効手段であると、最後まで検討されていた。 このことを裏付けるのが、ニュージーランドの外務省の情報公開法に基づき、1999年に公開した極秘外交文書である。

・「米政府は第二次大戦の末期から地震・津波兵器の開発を進めてきた。ニュージーランドの沖合いで実施された津波爆弾『プロジェクト・シール』の実施では30メートルを超える津波の発生に成功。

・日本を降伏させるために、この津波爆弾を使うか、原爆を投下するか検討されたが、精度が高く、効果が大きい原子爆弾が使用された。」
・実際、ニュージーランドで研究開発にあたっていたコンプトン博士が米軍の極秘作戦において中心的な役割を担っていた。
・同博士は、その後もビキニ環礁での核実験を視察し、津波兵器と核兵器の比較検討を継続して行ったという記録が残されている。
・2005年4月に米国で公開された「地震を使った対日心理戦争計画」と題する米軍機密文書(1945年、CIAの前進である米戦略事務局OSSによって作成)によれば、第二次大戦末期の1944年にカリフォルニア大学のバイヤリー教授を中心とする地震学者たちが総動員され、 「日本近海のどこの海底プレートに強力な爆弾を仕掛ければ、人工的に巨大な津波を起こせるかシュミレーションを繰り返した」という。
・ここでいう「強力な爆発物」とは、開発まもない「原爆」のことである。
・この文書には「日本本土攻撃作戦」のい副題が付けられ、「悪魔の攻撃」と呼ばれる章では、「日本人の目を覚まさせるには地獄に飲み込まれたと思わせる必要がある。そのためには、地震を恐れる日本人の特性を徹底的に突くべし。地震攻撃に勝るものはない」と結論付けている。
・当時の米軍における研究開発部門の責任者であったスタンレー・ロベル博士やマーシャル・チャドウエル博士の分析によれば、 「日本の周辺にある海底の地震プレートをピンポイントで爆破すれば、巨大な津波を発生させることが可能となる。
・目標とすべきプレートの周囲に8キロ以内に爆弾を仕掛ければ、1年以内に狙った場所で地震を起こすことができ、津波も誘導できる」
・この秘密文書の最後には、「地震・津波攻撃の目的は日本人をパニックに陥れることで、神国日本や軍部独裁に対する不信感を醸成することにある。日本人が国家を捨て、個人の生存を第一に考えるようにするための
ショック療法ともいえる」と記されている。
・米国の空軍では、気象をコントロールして兵器のように使う分野がある。

気象兵器・・・・http://rerundata.hypermart.net/08haarp/ 

http://www.youtube.com/watch?v=MnRPZOUVhJ4&;mode=related&search=

http://www.globalresearch.ca/articles/CHO409F.html
posted by kawasaki at 03:19| 大分 🌁 | TrackBack(0) | 異常気象 狂い咲き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

第9回蘇州市国際観光まつりに参加して、

 中国の旅から数日たって、三苫団長から連絡があり、蘇州市から手紙が届いているとのこと。

 開けてみると、蘇州市人民政府からの中国語と日本語での二通の感謝状で、国際観光祭の会場の様子を上空から撮影した、蘇州日報(2006.4.22)のカラーコピーが、同封されていました。日付は、2006年4月26日で、配慮に感心します。さすがです。

 田中角栄総理が日中国交を回復したときの中国側の対応に、部屋の室温をすべて17℃に設定して田中総理が扇子を用いる必要が無かったとあります。

 差出人は、蘇州市政治協商会議主席と蘇州市人民対外友好協会名誉会長名で、内容は「今後の、我々の努力の下で、蘇州市と日田市のお互いの理解を深め友情と信頼を結び、さらに大きな交流を上げることを期待し、日田市長の視察訪問を招聘、市民の訪問を歓迎する。」とのことでした。

 大石市長と、日野部長に伝えましたが気乗りしない様子でした。

 日田市は、合併してすべての交流事業を取りやめています。


IMG_5674.JPG IMG_5673mm.JPG 
 IMG_5671mm.JPG IMG_5670mm.JPG


posted by kawasaki at 11:14| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 中国旅行 上海 蘇州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国上海市にお別れをX 2006.4.23

 一路、上海空港をめざして走ります。
 
 途中で目に付くのが交通事故です。右下の画像です。
 今回のこのバスも右折する際に、パトカーと接触しましたが、
パトカーはそのまま行ってしまいました。

 IMG_2996mm.JPG IMG_3000mm.JPG
 IMG_3002mm.JPG IMG_3004mm.JPG

 中国の何処に行っても目立つのが、建設・土木工事です。

 北京オリンピックが迫ってますので。

 IMG_3005mm.JPG IMG_3006mm.JPG
IMG_3008mm.JPG IMG_3007mm.JPG 

 高速道路を走っていると、リニアモーターカーが目に入りました。

 上海リニアモーターカー・・・
 http://yoshino.hobby-web.net/norimono/resya/syanhai1/rinia.html

 東浦空港から市内に向かっています。
 IMG_3011mm.JPG IMG_3012mm.JPG
 IMG_3013mm.JPGIMG_3020mm.JPG 

 大型車両の通行が目立ちます。

 IMG_3024mm.JPG IMG_3028mm.JPG
IMG_3029mm.JPG  IMG_3036mm.JPG

 上海東浦空港に到着し、福岡空港まで空のたびです。

 中国東方航空MU531便で。

 IMG_3037mm.JPG IMG_3038mm.JPG
 IMG_3043mm.JPG IMG_3044mm.JPG
 IMG_3047mm.JPG IMG_3046mm.JPG
 IMG_3049mm.JPG IMG_3052mm.JPG
IMG_3054mm.JPG  nm.JPG
 
 上の最後の画像2枚を見てください。グリーンの丸に、ワンちゃん。
 
 帰国後、友人宅でみやげ物を開いていて、みやげ物の袋を見たら

ナント、みやげ物が「犬のフン処理袋」に入れられていました。(笑い)

 それも、群馬県の太田市のものでした。

 太田市の清水市長は、私の目標とする政治家の一人です。

 しかし、何で中国の人が太田市の「犬のフン処理袋」を?
posted by kawasaki at 09:52| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 中国旅行 上海 蘇州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

妙子さんのコレクション 工房 釉

 IMG_5234mm.JPG IMG_5238mm.JPG
 IMG_5236mm.JPG IMG_5240mm.JPG
 IMG_5243mmm.JPG IMG_5256mm.JPG
 IMG_5258mm.JPG IMG_5260mm.JPG
 IMG_5272.JPG IMG_5263mm.JPG
釉工房 ギャラリー釉   木内 妙子
 
 
http://www.h7.dion.ne.jp/~wing1025/



 作品紹介
 IMG_5246mm.JPG IMG_5247mm.JPG
 IMG_5248mm.JPG IMG_5249mm.JPG


 IMG_5250mm.JPGIMG_5276mm.JPG 
 IMG_5284mm.JPG IMG_5290mm.JPG
posted by kawasaki at 01:02| 大分 ☀ | TrackBack(0) | パワーストーン スピチュアル  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

木内妙子さんの工房探索 2007.7.10

 近くに行ったら覗いてみてください。素敵な作品が所狭しと並んでいます。

 住所 大分県日田市亀川町369-1
 TEL/FAX  0973-24-378
 釉工房 ギャラリー釉   木内 妙子
 
 http://www.h7.dion.ne.jp/~wing1025/


・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・
 午後から、木内さんのところへ仕事で伺いましたが、
  仕事は直ぐに済ませ、パワーストーンの話になりました。
 それで、木内さんの自慢の品々を拝見しながら、
  デジカメに撮影していきました。

 では、ご覧ください。パワーストーンの数々・・・・・・・・・・。

IMG_5204mm.JPG  IMG_5207mm.JPG
 IMG_5208mm.JPG IMG_5209mm.JPG
 IMG_5211mm.JPG IMG_5212mm.JPG
 IMG_5214mm.JPG IMG_5217mm.JPG
 IMG_5218mm.JPG IMG_5219mm.JPG
 IMG_5221mm.JPG IMG_5222mmm.JPG
 IMG_5223mm.JPG IMG_5225mm.JPG
 IMG_5224mm.JPG IMG_5226mm.JPG
 IMG_5227mm.JPG IMG_5229mm.JPG
 IMG_5230mm.JPG IMG_5232mm.JPG



posted by kawasaki at 23:51| 大分 ☀ | TrackBack(0) | パワーストーン スピチュアル  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンニュイな午後に、パワーストーン

 2007. 7. 10. Tue
私の小さな宇宙
今日は、6時間リビングに座りぱなし!! 
 
昨日の粘土は、

1度も触れずにそのまま工房の作業台の上。

wing_739774864273151cqRNV2.jpg

午前中… 
昔付き合いで買った指輪や
ネックレスなどが眠ったままで、 
今はもぅ〜見る気にもなれない。 

作り直すにも勿体無くて、
嫁にやるにも喜ばないだろうし。 
と言う○○さんの話を聞き 
   
ピン!! 
 
パワーストーンのブレスに
通しました。 
使えるね。^^ 
 
 
今日1番の面白出来事…蓋を開けると、 
 
  
ぅわ〜ヾ(@゜▽゜@)ノあははぁ
何〜この大きさ! 

思わず掴んで工房で重さを測ったら、
125gも有りました。


wing_739774864273151cqRNVm.JPG

川崎さんが、持っていた数珠でした。
 
http://k-kawakaki02.seesaa.net/ 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お返しに、妙子さんのブログ・HP 紹介します。

釉工房 ギャラリー釉
http://www.h7.dion.ne.jp/~wing1025/
近くに行ったら覗いてみてください。
素敵な作品が所狭しと並んでいます。
               (川崎邦輔)

住所 大分県日田市亀川町369-1
FAX  TEL/0973-24-3784
釉工房 ギャラリー釉 木内 妙子
http://www.h7.dion.ne.jp/~wing1025/



 

posted by kawasaki at 23:26| 大分 ☀ | TrackBack(0) | パワーストーン スピチュアル  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日田祇園祭り隈地区神輿洗い 2007.7.14/15

 7月14日の深夜0時前に神事が始まります。
 その前に、各町内ごとに祝宴を開き、出お神酒を飲み、一同揃って八坂神社に向かいます。
 
IMG_5429mm.JPG  IMG_5430mm.JPG
 IMG_5431mm.JPG IMG_5433mm.JPG
 IMG_5436mm.JPG IMG_5437mm.JPG
 IMG_5435mm.JPG IMG_5434mm.JPG
 IMG_5440mm.JPG IMG_5441mm.JPG

 氏子一同、大原神社の橋本宮司のお祓いを受け神事を終了し、お神輿を境内に下ろします。

 この頃は、既に15日になっています。
 
 その後、三隈川の水でお神輿を清めた後、祇園会館と八坂神社境内を練り歩き気勢を上げました。

 神輿洗い終了後は、再び自分の町内に戻り、祇園祭りの成功を祈念して祝宴です。

 台風4号のせいで、体力を持て余した人、ホッとした人など様々でした。

 動画でも楽しめるようにしました。http://k-kawasaki.seesaa.net/article/47922903.html

 IMG_5447mm.JPG IMG_5448mm.JPG
 IMG_5449mm.JPG IMG_5450mm.JPG
 IMG_5451mm.JPG IMG_5452mm.JPG
 IMG_5453mm.JPG IMG_5457m.JPG
 IMG_5458mm.JPG IMG_5459mm.JPG
 IMG_5463mm.JPG IMG_5465mm.JPG
posted by kawasaki at 20:20| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日田祇園まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日田祇園祭り隈地区神輿洗いの神事2007.7.14

 日田祇園祭り隈地区の神事、神輿洗いの行事が、14日の深夜12時前から始まりました。神殿での神事の後、神輿を神殿から下ろして、三隈川の水で清めました。
 
 神輿を担いでのタイムレースが中止となり、八坂神社と祇園会館の往復だけでしたが、力一杯叫び、飛び跳ねました。

 その様子を動画に収めました。







 
posted by kawasaki at 19:28| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 11)動画シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日田祇園まつり 神輿洗いの神事 2007.7.14

 日田祇園隈地区の神輿洗いの神事が、隈地区の八坂神社で14日23時過ぎから開催されました。昭和34年から続けられたお神輿を担いで町内を走るタイムレースが、台風4号のために中止になりました。その為、三隈川から川の水をバケツに汲み置き、その水を手で神輿にかけ八坂神社と日田祇園山鉾会館の間を練り歩きました。
posted by kawasaki at 11:10| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 11)動画シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

虹の柱が、太陽と並んで出現 2007.7.12

 梅雨前線が小休止し、青空が少し広がりましたが、黒い雲も所々に残っています。
 面白い雲が出ていましたので中の島に往き、西の空を見上げると虹が出現していました。
 虹の柱です。太陽と並んで並行に現れました。
 太陽の左側です。

IMG_5310mm.JPG IMG_5311mm.JPG 
 IMG_5312mm.JPG IMG_5313mm.JPG
 IMG_5314mm.JPG IMG_5318mm.JPG

 虹の柱の真下には、日田天領水と日田簡易保養センターが東西に

並んでいます。

 IMG_5317mm.JPGIMG_5319mm.JPG 
 IMG_5322mm.JPG IMG_5323mm.JPG
 IMG_5324m.JPG IMG_5325mm.JPG
 IMG_5326mm.JPG IMG_5328m.JPG



 IMG_5328mmm.JPG IMG_5329mm.JPG
IMG_5330mm.JPG  IMG_5331mm.JPG
posted by kawasaki at 12:42| 大分 ☔ | TrackBack(0) | 虹の柱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。